« October 2009 | Main | December 2009 »

2009.11.29

バディ養成講座 『聴くということ』

11/27金曜日
今日のバディプロジェクト、子育てサポーター養成講座は
臨床心理士の藁科正弘先生を講師にお迎えしました
『心に寄り添うはなしの聴き方』
2回連続講座の1回目となります。

大人も子どもも、心にいろいろなストレスを抱え
病んでいる時代。
不登校児は13万人
自殺者は年間3万人
育児中の母親が安定していることは
子どもにとっても重要なことなので
子育てサポーターの役割はとても大きいのでは。。と
お話しいただきました。

母子の基本的信頼感についてのお話や
スキンシップによる子どもの心の安心から
好奇心へと発展するお話など
本当に勉強になり、刺激を受けます。

そして、後半は講義形式から実習形式へ。
フィンガータッチやウインクしながらの歩行は
自然と笑顔や明るい声が聞かれるようになります。
ペアを組んでの自己紹介や他己紹介・
ブラインドウォークなど、体験しながらの実習
私はこの実習が楽しみで養成講座に来ていると言っても
過言ではないです。
受講生同士が打ち解けて
輪が広がってくるきっかけにもなる講座です。

細かい講義の内容を書き出すと
終わらなくなってしまうのですが・・
サポーターとして、 母親として
一人の人間として
家族や周囲の人と関わる時の基本
会話はコミュニケーションの基本。
「聴く」こと
次回の講義や実習も楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.11.23

子育てシンポジウム

さかのぼりますが
11/6の日記です。

子育てシンポジウムの講演会があることを教えていただき
参加申し込みしてみました。
高校のPTA連合会や県の教育委員会の主催だそうです。

基調講演として招かれた
京大大学院 准教授木原雅子先生のお話を伺うのが
今日の目的。
現代高校2年生の現状とアンケート調査の内容や
高校生からの聞き取り調査の内容を伺いました。

小学校4年生がターニングポイント・中2高1が
気のゆるむ時期というお話でした。
ケータイやゲームなどについても
とても興味ある内容です。

お母さんたち向けに講座や
サロンさせていただく際に
お伝えできたら良いなあと思います。
本当に勉強になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

秋探し

秋探し

ちょっと家族でドライブ
市内の北方面へ秋を探しに
でかけました。

今年のリースの準備に蔓をとり
芝生広場を走りまわり
途中で買ったコロッケを食べ
持参したおにぎりのランチで帰宅。
山の方は、肌寒かったですわん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.11.22

冬にむけて

ブログ更新がマメに行えていませんね。

日々、子どもたちと向き合う時間と
もっぱら夜は休養にあてております。

最近、PCの前は通過するだけにして
座らないようにしています。
わが家のPCは2階の通路とホール兼ねたようなところに
設置してあるのでとっても冷えて寒いんです。
子どもが寝てからPCの前で作業すると
だいたい風邪ひきます(笑)

やらなきゃいけないこと
満載だけれど
自分のペースとギャップある時には
無理しないように。。。ボチボチと

体調崩さないように
自分の体と心と対話することって大切なんだなァと
アラフォーになって体得できたかも。
夜遊びなんてできない
立派な?おばさんになりつつあります。

でも忘年会はしたいよなァなんて・・・

今から、大掃除前の小掃除に励みま~す

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.11.20

11/17 静岡新聞

11/17火曜日の静岡新聞夕刊
『ママの味方 助産師さん』という記事
みなさんご覧になりましたか?
われらがバディプロジェクトの頼れるお姉さま・
近藤あみ助産師さんの記事です。

ちゃぶ台囲んで悩み相談という
新聞のタイトルや写真にもありました
(このちゃぶ台本当に、い~い感じなんですよ。)

本当に素敵な助産師さんであり助産院です。

バディプロジェクトと社協で行った
小児科医、三田先生の現代の
子育て事情の講座についても
紹介される記事になっていました。

翌日の夕刊にも続きの記事が・・・
焼津の第一助産院
管先生の母と子のサロンの紹介です。

産後のママさんたちが
ちょっとした悩みや不安を相談できる
強い味方である助産師さん
赤ちゃん成長発育から離乳食のこと、
産後の自分の体のこと、母乳のこと
いろんな相談にのってくれる助産師さん
本当にありがたいものです。

私自身、長女の出産後
住んでいた近くの子育て支援センターで
月一回行われる助産師さんの相談日に
本当によく通いました。
「助産師さんってスゴ~イ!頼れる~!」
その感動と感謝は今でも尊敬として持ち続けています。

産前・産後のママさんたち
ぜひ頼れるお近くの助産師さんを
育児の味方にしてくださいね。
困ったときに、この人に相談したら・・・という
味方を心に持っているだけで
日々の育児不安や息の詰まる思いも
ずっと和らぐと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.11.17

東京タワー

東京タワー

11/14撮影
青い東京タワーきれいでしょ。

映画のインタビュー受けるのに便乗して
親子4人都内プチ旅行状態です。

上野動物園
ポケンモンセンター
ゆりかもめ

子どもたち楽しめるような場所でまとめてみました。
私は10月初めに研修で渋谷来ているし
主人は先週も来週も東京出張ばかりだから
東京来ても気分転換にはならないかもなんて思いつつ
家族で来ると、行き先もスケジュールのたて方も
変わってきますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.11.16

スタジオ撮影

誕生・胎内記憶について
2歳後半に話した娘・ななんちゃん
子どもってすごいなァ・話してくれて嬉しいなァ
感激しました。
その後、池川先生の講演など伺う機会もあり
娘の話が、空想だったり妄想ではないんだな
科学的なことはわからないけれど
私という母を選んできてくれた娘に
感謝だな。勇気をもらえる。。と思っていました。

今回、「うまれる」というドキュメンタリー映画の企画で
胎内記憶を話せる子ども募集とのことでした。
縁あってインタビューを受けることになりました。
映画本編に採用されるかどうか云々は分かりませんが
とても良い経験させていただきました。
映画 うまれるhttp://www.umareru.jp/blog/

カメラの前で
肩に力入ってかたい話し方するのは
私の方だったでしょうね。
至近距離のカメラや監督さんたちスタッフ
まぶしいライトで、サウナみたいに暑い中
娘は、いつもどおりに、いつも話す内容を話してました。
話し方が、もともと明るい方じゃないから
映像的にどうかは分かりませんが
いたっていつもどおり。

その後、控室で
スタッフのお姉さんたちと女子トーク?する娘
 お姉さん 『幼稚園で好きな男の子とかいるの?』
 娘    『いるよ~』
 お姉さん『へェ、どんな子』
 私    『え?今好きな子いるの?誰だれ?』
 娘    『ヒミツ~』
折り紙やら風船やら緊張させないように
みなさん工夫してくださってあり
居心地良すぎて、娘自身が帰るつもり全くなし~

母は帰途の車の中で
ああ言えば良かったのに・・・とか反省でしたが
とっても期待大の
この映画に少しでも関わらせていただいたことhappyです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.11.04

秋休み中?

娘のクラス
インフルエンザで学級閉鎖になりました。
今週末まで、登園しません。

わが家みんな
いまのところ症状もなく元気です。
ありがたいことですが・・・
元気を持て余しております。

絵本や工作などで
今のところ乗り切っていますが
親子ともに、家の中の遊びもし尽くした感が。。。

今月からスイミング入会したものの
一応今週は休んだ方がよいかな。。。
と話していると
『つまんなーーーーい』を連呼するななんちゃん。

親子三人家でくすぶってsadます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2009 | Main | December 2009 »